清少納言大好き ときどき俳句!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
 つつましく生きる目盛りの春厳し

 春たまご安売り目玉の店に列

 夫あり子ありの友は入学す
10:11 俳句 comments(0)
 傷癒えず春愁に身のかなしばり

 春の夢綴りきれない文きれぎれ

 春日和ためらいながら逢いに行く

07:59 俳句 comments(0)
 マネ描くオランピアの肌さくら散る

 引越しの荷物少なし花の部屋

 手探りの恋さびしくて封印す

08:03 俳句 comments(0)
 春の海ミサイルなんぞの落し物

 春のうみ驚く魚の大団円

 ミサイルの落下怖ろし春の海
07:41 - comments(0)
 さくらばな七分咲きなり夢のいろ

 一服をたまわる茶室さくら影

 花見してさくら饅頭の土産かな

05:03 俳句 comments(0)
 石段を降りるけだしの桜色

 ねこやなぎ主役ではない床の間に

 天からの菩薩抱える白木蓮

14:42 俳句 comments(0)
 春泥のヒールが語る廻り道

 春山に花の蕾を確かめる

 じんちょうげ移り香まとうネコを抱く

13:56 俳句 comments(0)
ホームページ「歌誌まがたま」
新しく歌誌「まがたま」のホームページを作りました。
http://magatama.ciao.jp/


ご意見、ご感想は qainonekoq@key.ocn.ne.jp へお願いします。
10:46 お知らせ comments(0)
 春がすみ探しだしたき二、三人

 冷え冷えと手のひらにある蕗の薹

 みぎひだり繋げば春寒みぎひだり
09:27 俳句 comments(0)
春の前触れ
 十字花ひらく前なる酢味噌和え

 凭れあう背が暖かい菜種梅雨

 菜の花の色した灯下ふみ開く

07:00 俳句 comments(0)
1/8PAGES >>